お風呂の工法の違い

query_builder 2024/01/24
ブログ
0風呂

こんにちは、宮崎工務店青木です。

今回はお風呂の工法の違いをご紹介させていただきます。


在来工法とは

在来工法は古くから日本で行われているお風呂の建築方法です。

ひと昔前の戸建は在来工法が主流でした。

1お風呂

在来工法のメリット

浴槽の素材を自分好みのにして、自由な空間を作れます。


在来工法のデメリット

ユニットバスと比べて

経年劣化により防水性や保温性が軽減してしまいます。

その他様々な技術を持った職人が必要となり工期や費用も掛かります。

また、メンテナンスも必要です。

お風呂2

ユニットバスとは

ユニットバスは浴室の浴槽・壁・天井などパーツをあらかじめ工場生産し現場で組み立てる工法です。


ユニットバスのメリット

家の中にもう一つの箱を組み入れる形になる為

浴室が二重構造になります。

床・壁・天井の内側には断熱加工がされ高い保温効果を得られる為

漏水のリスクが軽減されます。

在来法に比べ設置が簡単なため工期は短く、費用を抑えることができます。


ユニットバスのデメリット

以前に比べてデザインの選択は増たものの在来工法に比べると自由度は下がります。



在来法とユニットバスは、それぞれメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとは言いきれません。

お住まいを便利で快適にする為にお客様のご希望やお住まいの状況に合わせてご提案させていただきます。


宮崎工務店までご相談お問合せ下さい。


NEW

  • 飲食店店舗改装工事

    query_builder 2024/02/20
  • お風呂の工法の違い

    query_builder 2024/01/24
  • バリアフリーについて

    query_builder 2024/01/10
  • 日暮里L様BAR店舗改装工事

    query_builder 2023/11/15
  • S様邸サッシ入れ替え工事

    query_builder 2023/06/09

CATEGORY

ARCHIVE